先端設備等導入計画策定代行

「先端設備等導入計画」とは

生産性向上特別措置法において措置された、中小企業・小規模事業者等が、設備投資を通じて労働生産性の向上を図るための計画です。

①中小事業者等が、
②適用期間内に、市区町村から認定を受けた「先端設備等導入計画」に基づき、
③一定の設備を新規取得した場合、
新規取得設備に係る固定資産税の課税標準が3年間にわたってゼロ~1/2の間で市町村が定めた割合に軽減されます。

※本計画を実施していない自治体もあります。

7月下旬から8月上旬にものづくり補助金の公募開始が予想されますが、本計画の認定を受けると、ものづくり補助金の審査の加点、補助率が1/2から2/3へUPの効果がありますので、ものづくり補助金の申請をお考えの企業様には必須の計画です。
お早目の計画認定をお勧めいたします。

先端設備等導入計画策定報酬

70,000円(税別)

弊所は金融分野の許認可手続きに強い行政書士事務所です。
経験豊富な行政書士が皆様に代わって金融許認可業務手続きを代行致します。
それぞれの金融分野に詳しい専門家とチームを組んで対応します。

ページトップへ戻る