M&A契約書作成代行

後継者不足不足の問題から中小・零細企業の親族外事業継承の手段としてM&Aが行われるようになってきました。
M&Aの手法は大きく株式譲渡方式と事業譲渡方式に分類されます。

株式譲渡方式

文字通り被買収会社の株式を買収会社に譲渡する方法です。
被買収会社の全ての権利義務を継承することが出来るで取り組みやすい方法であると言えます。

メリット

  1. 株主を変えるだけであるため簡易な手法と言える。
  2. 会社の債権・債務関係、取引先との契約、許認可等は原則として引き継ぐことが出来る。

デメリット

  1. 買い手の資金調達と売り手の税負担の手当てする必要がある。
  2. 簿会債務まで引き継がなければならない。
  3. 名義株が存在する場合にはそれを解消した後でなければ株式を譲渡することが出来ない。

 

事業譲渡方式

メリット

  1. 法人格を引き継がないので簿外債務を切り離すことが可能
  2. 取得したい資産や従業員、第三者との契約を選別して譲渡を受けることが出来る

デメリット

  1. 個々の資産・負債、契約関係を個別に継承するので事務が煩雑になりがち

 

M&Aを行うには秘密保持契約書、基本合意書、株式譲渡契約書、事業譲渡契約書等様々な契約書を締結します。
また、一般の契約書と違い表明保証事項や順守項目を盛り込む必要があります。

 

M&A契約書作成代行報酬

お問い合わせください

弊所は金融分野の許認可手続きに強い行政書士事務所です。
経験豊富な行政書士が皆様に代わって契約書作成を代行致します。
それぞれの金融分野に詳しい専門家とチームを組んで対応します。

 

ページトップへ戻る